あん摩マッサージ指圧師資格

あん摩マッサージ指圧師は、かつては視覚障害者のための仕事だという認識が強く、主に盲学校で取得する資格として知られていました。しかし、近年では健常者が資格を取得するケースも増え、資格取得者は例年1500人を超えています。では、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか  ランキング形式でご紹介します。

 

  

就職に役立つ

あん摩マッサージ指圧師には、資格職として独占業務が認められています。無資格者はマッサージ業を行うことができません(広告を出すことも禁止されています)。近年ではリラクゼーションを求める風潮が強まったこともあって、プロのマッサージ師に対する需要は拡大しています。また、医療マッサージ、スポーツマッサージなど様々な業種があり、将来性のある資格の一つに数えられるでしょう。

 

  

独立開業のチャンスがある

資格所有者の中には、経験を積んだ後に独立開業する方も少なくないようです。ある程度の技術を身につけるまで経験を積む必要がありますが、技術をみにつけ、開業すると経営が軌道に乗れば高収入も期待できます。ちなみに、開業は資格取得者のみに認められているので、独占業務ならではのアドバンテージが存在します。

 

保険適用ができます。

開業届や出張届のみで医療保険適用で往診マッサージが行えます。これはあくまで「麻痺・関節拘縮」「歩行困難」など身体不自由な方を対象に医師の同意書を必要とする前提がありますが、保険適用が
可能です。特に障害者や70歳以上の方は0割〜1割の負担でマッサージを受けることができます。これは無免許のマッサージ師は絶対に真似できない制度です。

マッサージ師としての将来のビジョン(みなみ訪問マッサージで修行しよう)

 


プラン1:独立開業プラン

 

@学校卒業後、2〜3年くらい「みなみ訪問マッサージ」で技術を身に着けます。
  お給料を頂きながら福利厚生も充実した会社での修業期間です。
A自宅で開業します。ここでは簡単な設備の規定はありますが、開業届を保健所
 に提出すればオーケーです。
B看板を掲げて、地道に仕事をすれば必ず成功します。
     収入例はこんな感じです。     
        実費診療:60分で約5000円が相場   
        1日3件(3時間労働) お客さんがくると5000×3=15000円  
         20日で30万円
        週休2日 1日3時間で30万円の収入は魅力ではないでしょうか。
        これに医療マッサージで保険適用の対象になる患者様を加えれば
        さらに収入の幅も広がります

 

 


プラン2:勤務転職プラン
@学校卒業後、2〜3年くらい「みなみ訪問マッサージ」で技術を身に着けます。
  お給料を頂きながら福利厚生も充実した会社での修業期間です。
Aさらに別の治療院に転職します。この時は臨床経験があり、ある程度、マッサージ
  が出来るようになっているので、好条件で転職が可能です
  (収入面は大体売上の40%から60%が相場)
Bこれを繰り返し、マッサージ技術者として様々な業態を経験するのもよいでしょう。
  ある程度の年齢(たとえば60歳)なればのんびり開業して過ごしましょう

 

プラン3:みなみ訪問マッサージで働き続けるプラン

 

@学校卒業後、2〜3年くらい「みなみ訪問マッサージ」で技術を身に着けます。
  お給料を頂きながら福利厚生も充実した会社での修業期間です。
Aある程度の技術や業務ができるようになれば「管理職」の勉強をしましょう
  当社は今後、東葛地区を中心に多数の支店を計画しています。
  スタッフ増員に伴いマッサー出来るを育成して行きます。
  もちろん見合った収入を約束いたします。
B定年は65歳まで社会保険、厚生年金など一般企業と同様の福利厚生があります。
  また、12月には賞与の支給もあります。      
C多数の支店のある会社を一緒に作り上げていきましょう。そして更なる待遇のよい
  安心できる会社を一緒に作っていきましょう。今後は多数の支店の出す予定です。
新しいチャレンジがあります。